2343について
 
2343は食と空間の関係性を考えて、提案をする場所です。 2343とは、ここの住所です。すなわち、私達はこの場所を大切にし、 この場所でしか出来ない事を提案したいと考えています。 厚木と言う場所は、あまり知られていませんが、 東名高速を使って東京ICから僅か25分にも関わらず、都会の喧騒から離れ、 豊かな自然に恵まれた素晴らしい所です。 この2343近くでは、山を多く抱えている事から鹿や猪、猿と言った動物が 時折顔を見せてくれますし、周囲には畑や田んぼが沢山あります。 そして泉質の良い温泉が二つもあります。 こうした自然には様々な植物が自生し、 四季折々の素敵な景色を見せてくれます。 
2343 is the place to suggest thinking the relationship between food and space. 2343 is named for the address here. That is why we suggest anything making use of regional characteristics here.Atsugi is a wonderful place surrounded full of nature apart from urban, though it takes just 25 minutes from Tokyo IC to here though the Tomei highway.Around 2343, sometimes animals such as deer, boar and monkey can be seen because there are many mountains, also there are many farms and rice fields.In addition, we have two hot springs of high quality.Beautiful sceneries can be seen in each season thanks to various kinds of plants growing in this environment.
食について  
食は人間の身体を構成する大切な物です。 毎日の良質な食事の積み重ねが必ず健康な身体を作ると信じています。 だから私達は食材に拘ります。 特に地元で入手出来る良質の食材は出来るだけ地元で調達します。 その他に関しては日本全国や世界から食材を集めてきます。 食器は陶芸作家「伴健太郎」氏と共に製作した物や、素材感の強いお皿を用意。 それらを合わせた形で皆様のテーブルに食をお届けします 
You are what you eat. Daily well-balanced meal makes a strong healthy body. This is why we strongly care about ingredients. We get most of ingredients of good quality from local area as much as possible. Others are supplied from all over Japan and around the world. Plates are made with the ceramic artist, “Kentaro Ban” or ones which can feel raw material. Blending these, we offer meals to your table. 
空間について  

私達は食と空間の関係性について一つの提案をしています。空間も食材同様に拘っており、コンクリート、モルタル、スチール、ステンレス、木材、紙等の自然な素材を使用し、華美な彩色を避け、食材が際立つ様な空間創りをしています。ランチタイムは照明が不要な位に明るく気持ち良く、ディナータイムは人工照明を落とし、炎が揺らぐ、キャンドルをメインにする事で心地よい時間を演出します。そして、この気持ちの良い環境を十分に享受しながら食を楽しめる様に開口部を豊かに確保し、充実した時間を過ごして頂ける事に挑戦をしています 

We make one suggestion of relationship between food and space.Sticking to materials of space as well as food, we use natural materials such as concrete, mortar, steel, stemless, wood and paper. Hence food is stuck out in contrast, not using too colorful materials in this space. For lunch, it’s bright not needing lights. For making dinner time pleasant, we use candles lowering artificial light level.We are trying so that you have a pleasant time here with windows open widely enjoying  such a comfortable environment.
シェフについて  
濱砂 一生 
飲食アルバイトで、自分の些細な気遣いがお客様から感謝されたことから、食を通して誰かを喜ばせたいという思いを持ち料理の道を志す。都内のフレンチレストランで修業を積み、板前や洋食レストランを経て、都内でレストランバーのオーナーシェフとして独立。独立後は、フードトラックで各地にファストフードを提供する事業も行う。 2343では、和食から洋食、そして高級フレンチからファストフードといった、これまでの幅広い料理経験をもとに、地元の素材を中心に、様々な素材や調理法を組合せ、新しい味や食感を追求した独創的な料理を展開している。
  Issei Hamasuna
After getting training in French restaurant in Tokyo, he worked as a cook of Japanese restaurant and Western-style restaurant. After that, he had his own restaurant in Tokyo.Not only the restaurant, but also he did business of food track and provide fast foods all over Japan.In 2343, he will offer creative meals with new taste or unique texture, making use of his wide experiences in Japanese, Western, French cuisine, and fast food.